カウチンニット“Kanata”入荷

Kanata カウチンニット

カウチンニット“Kanata”入荷

「カウチン」とはカナダの原住民であるカウチン族の言葉で「日のあたる暖かい土地」の意味をもつインディアンたちの伝統的な防寒着のことです。

ベージュ、茶、黒などの自然でやさしい風合いと、木や雪の結晶、トナカイなど、その土地の自然を表した模様が施されているのが、いわゆる「カウチンニット」と呼ばれるアウターの特徴です。

カウチンニット“Kanata”とは・・・

Kanataは1979年、カナダ・バンクーバーにて創業して以来、カウチンセーターの代名詞的ブランドとしての地位を築き上げています。

良質の原毛を手で紡ぎ、極太の毛糸で手編みされるカウチンセーターは、羊毛が持つ天然の色合いによって素朴で暖かみがあり、原住民の文化から生み出された独特のデザインが施されています。

その名の由来は「集落」を意味し、国名カナダの語源とも言われている原住民のイロコイ語。

良質の原毛よりつむがれた極太の毛糸で手編みされるカウチンセーターは、素朴で温かみのあるものです。

また、編み目の詰まったしっかりしたセーターは、厚み(ロフト)があり保温性が高く、大変長持ちします。

 

Roughyardオリジナルデザインです・・・

Roughyardで販売しているKanataのカウチンはRoughyardオリジナルです。

編地・柄・配色・毛糸・ファスナーやボタンの仕様・襟の形に至るまでオリジナルで製作してもらっています。

カナダのバンクーバーのgrandmaが(あくまでもイメージですが)一編み一編み手で編んでくれています・・・

 

コーディネイトを楽しんで・・・

kanata_new_01

kanata_new_02

kanata_new_03

kanata_new_04

スウェットやシャツと合わせて今年っぽく・・・

Kanataの商品一覧はこちら

 

Share

Related Posts

  • 関連記事はありません

Author

ラフヤード

あなたの毎日を「ごきげん」にするセレクトショップ

Roughyard / ラフヤード

Roughyard・・・「ご機嫌なところ」という造語。

ディテールでもなく、流行でもなく、価格でもない、昔から「大切にされてきた」デザイン。
なんとなくかっこいい」モノ。お客様の中の「価値に触れる」モノ。

Roughyardは、そんな日々使い続けたくなるスタンダードなアイテムをセレクトしている、大人のカジュアルスタイルを提案するセレクトショップです。

Roughyardのショップページはこちら

公開日:2014/10/28

最終更新日:   2015/03/11